かちお総合研究所

長期投資しているぺパボ(paperboy&co.)のことや読んだ本の感想とか

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月に読んだ本

かちおの本棚
2011年10月
アイテム数:10
ツイッターノミクス TwitterNomics
タラ・ハント 津田 大介(解説)
読了日:10月04日
{book['rank']



羽生善治 考える力 (宝島社文庫)
羽生 善治
読了日:10月16日






勝つためのインターネットPR術
堀江 貴文,神原 弥奈子
読了日:10月31日
{book['rank']

powered by ブクログ


今月はグッと少なめ10冊。
経済系の本を2度読み3度読みしてたのと、「ねじまき鳥クロニクル」が面白かったのでゆっくり味わうように読んでたから。ねじまき鳥はホントおもしろかったなー。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

9月に読んだ本

かちおの本棚
2011年09月
アイテム数:24
笑い (岩波文庫 青 645-3)
アンリ ベルクソン
読了日:09月01日
{book['rank']

感染地図―歴史を変えた未知の病原体
スティーヴン・ジョンソン
読了日:09月02日
{book['rank']

落語百選―春 (ちくま文庫)
筑摩書房
読了日:09月03日
{book['rank']

ハチはなぜ大量死したのか
ローワン・ジェイコブセン
読了日:09月03日
{book['rank']


新人Webデザイナーの仕事
加藤 才智
読了日:09月06日
{book['rank']

EVERNOTE HACK
篠塚 充
読了日:09月07日
{book['rank']

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
P・F. ドラッカー,上田 惇生
読了日:09月08日
{book['rank']



アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング
読了日:09月14日
{book['rank']

日本人の9割に英語はいらない
成毛眞
読了日:09月14日
{book['rank']

シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園
たなか やすこ
読了日:09月16日
{book['rank']

彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密
パコ アンダーヒル,Paco Underhill
読了日:09月17日
{book['rank']

思考の整理学 (ちくま文庫)
外山 滋比古
読了日:09月19日
{book['rank']

暖簾 (新潮文庫)
山崎 豊子
読了日:09月22日
{book['rank']



小説 兜町(しま) (徳間文庫)
清水 一行
読了日:09月24日
{book['rank']

日教組 (新潮新書)
森口 朗
読了日:09月25日
{book['rank']

文庫 庭仕事の愉しみ (草思社文庫)
ヘルマン・ヘッセ
読了日:09月25日
{book['rank']

株主総会の進め方 (日経文庫)
中島 茂
読了日:09月29日
{book['rank']

黄砂―その謎を追う
岩坂 泰信
読了日:09月29日
{book['rank']

落語百選―夏 (ちくま文庫)
筑摩書房
読了日:09月29日
{book['rank']

powered by ブクログ


今月読んだ本のなかに5つ星が二冊。

ベタな感じではありますがドラッカーの
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
そしてヤングの
アイデアのつくり方
もはや古典的良書というべき二冊ですが、やはり素晴らしいです。
とくに、「アイデアの作り方」は1時間もかからずに読める本でありながらその内容の充実っぷりたら!
よくぞこれだけ簡潔に、本質を語っていると感激の一冊です。

読みかけては放置していた落語百選の春・夏をようやく読み終えました。正直、ようやくという感じです。ひとつひとつのお話は面白いんですけどね。やっぱ落語は聞いた方が面白かったかな。


家庭菜園のコミュニティ(831FARM)を立ち上げたのもあって、ここ最近は家庭菜園の本をよく読むし何より毎日ベランダで野菜を育てています。それもあってのヘルマン・ヘッセの
文庫 庭仕事の愉しみ (草思社文庫)
ヘッセは庭仕事には瞑想に近い感覚があるって語ってます。土を触ることには癒しの効果があるらしいですし、僕もベランダですけど毎日土を触っていると何だかホッとするんですよね。

小説では山崎豊子の
暖簾 (新潮文庫)
いいです。好きです、なにわのあきんどw
そして
小説 兜町(しま) (徳間文庫)
こちらは再読になります。何度目でしょう?4~5回は読んでるでしょうか。本田やソニーがベンチャーだった時代のお話。普通に配当利回り1割二分とかって話出てくるw
株式投資で稼いでるところを見たことがないヘタクソなうちの母親ですら稼げたという時代ですからねw羨ましい時代ですね。

凄く勉強になったのは「日教組 (新潮新書)
無知とは恐ろしいです。民主党に期待などできるわけないですね。知らんことばっかりです。

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

8月に読んだ本

かちおの本棚
2011年08月
アイテム数:23



クリスマス・カロル (新潮文庫)
ディケンズ
読了日:08月06日
{book['rank']





プロカウンセラーの聞く技術
東山 紘久
読了日:08月12日
{book['rank']




となりのバフェットがやっている凄い投資
マシュー・シフリン
読了日:08月17日
{book['rank']

クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―
マーク・ベニオフ,カーリー・アドラー,齊藤 英孝
読了日:08月18日
{book['rank']


超初心者のための落語入門 (カルチャー図解)
主婦と生活社
読了日:08月21日
{book['rank']

新訂 孫子 (岩波文庫)
岩波書店
読了日:08月21日
{book['rank']

ベランダで野菜を育てる本 (趣味の教科書)
平野編集制作事務所
読了日:08月21日
{book['rank']

バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
アダム・ペネンバーグ
読了日:08月25日
{book['rank']

小宮式 知的アウトプット術
小宮一慶
読了日:08月27日
{book['rank']

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)
シュリーマン
読了日:08月28日
{book['rank']

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
米澤 穂信
読了日:08月28日
{book['rank']


powered by ブクログ

8月は今年一番たくさん本を読んだかも知れません。
と言っても自己啓発系の本が多くて読みやすいので冊数が稼げたからですが。

そして、自己啓発系の本を読むときはたいてい自分が行き詰って悩んでいる時…。
行動力のなさ、決断力の鈍さがいつも悩みの種になる自分にとってマーク・ザッカーバーグ、スティーブ・ジョブズに関する本を読むのは大いに刺激を受けるし、強い憧れもあります。

苫米地さんの本も今さらな感はありますけど、こういう自己洗脳系の話とか考え方は好きだし、自分に合ってると思うので随分、共感を得ました。

「ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」
この本は結構面白かったです。記憶力は能力だと思ってたけど、方法論というか記憶の引き出し方の技術の問題なんだというのはものすごく興味引かれました。わかりやすくいうと文章は覚えにくいけど絵は覚えやすいし、数字の羅列は忘れてしまうけど、ごろ合わせにすると覚えているということなんですけど。

知識の記憶って大事なんだと感じました。
今は知識の使い方ばかり言われます。情報そのものはネットですぐ検索できますから。
でもアイデアを生み出す仕組みを考えると、知識と知識が結び付いたときにアイデアは生まれたりします。
ということは自分の頭の中に知識が記憶されてないとアイデアは生まれにくいわけです。

検索技術がいくら上達しても情報の取り出し方が身についてるだけで情報そのものは記憶されてないことが多いのかもしれません。

新しい発想、考えを生み出す下地が自分の中になければ。

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

7月に読んだ本

かちおの本棚
2011年07月
アイテム数:21
物乞う仏陀 (文春文庫)
石井 光太
読了日:07月03日
{book['rank']


真相 (上)―“切り裂きジャック”は誰なのか?
パトリシア・コーンウェル
読了日:07月03日
{book['rank']

真相 (下)―“切り裂きジャック”は誰なのか?
パトリシア・コーンウェル
読了日:07月03日
{book['rank']


血の味 (新潮文庫)
沢木 耕太郎
読了日:07月04日
{book['rank']



燃えつきた地図 (新潮文庫)
安部 公房
読了日:07月12日
{book['rank']

起業ってこうなんだ!どっとこむ
藤田 晋,米倉 誠一郎
読了日:07月12日
{book['rank']

CMSとして使う Movable Type 5 ガイドブック
荒木 勇次郎,高山 一登,菱川 由理
読了日:07月13日
{book['rank']


知っておきたい野菜の基本
エイ出版社
読了日:07月16日
{book['rank']

野火 (新潮文庫)
大岡 昇平
読了日:07月17日
{book['rank']

EVERNOTE Perfect Guide Book
田口 和裕,成松 哲
読了日:07月19日
{book['rank']

OpenPNEではじめる自作SNS入門
上田 修子
読了日:07月21日
{book['rank']

OpenPNEオフィシャルガイドブック
伊藤 幸夫,田端 厚賢,手嶋 守,米田 聡
読了日:07月25日
{book['rank']

居酒屋 (新潮文庫 (ソ-1-3))
ゾラ
読了日:07月26日
{book['rank']

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
読了日:07月28日
{book['rank']

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
読了日:07月31日
{book['rank']

OpenPNEによるSNSサイトの構築 オープンソース徹底活用
荒木 祐二,川井 義治,小林 良正
読了日:07月31日
{book['rank']

powered by ブクログ


今月は少し多めの21冊。
とくに目につくのは「OpenPNE」関連の書籍ですね。
これは友達とこのOpenPNEを使ってSNSサイトを作ろうとし始めたからです。
最初はXOOPSって言ってたのですが結局こちらを使うことに。

「燃えよ剣」
司馬遼太郎の作品は実は初めて読みました。
父親がよく読んでいた本は敬遠する傾向にあったせいでしょうね。
新撰組、土方歳三のお話。戦場でしか己の価値を見いだせない男…。何かそんな感じに描かれています。
幕末とかそれほど興味ないし、上下巻ですが比較的読みやすいので一気に読めました。

「居酒屋」
何かこういう話好きじゃないけど、読んでしまうんですよね。
努力して頑張って必死に生きていたのに、どこかで緊張の糸が切れるとあっという間に人間なんて転落してしまうんですよね。自分の親とか見てても思うんですよね。もちろん僕自身もなんですが、ほんの少し歯車が狂って、そしてそれはやがて大きなうねりとなって人を堕落と絶望に引きずり込んでいくんすよね。
そこに酒があろうものならそれは加速度的に。

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

同級生との再会、まさかのロリポ

引きこもって以来、いや厳密には高校のころから人間関係を断ってきました。
今の知り合いは全て引きこもりをやめてからの人たちです。

それが先日、facebookを通じて小学校の頃の同級生からメッセージがありました。
以前の僕なら、全く関与しようとしなかったのでしょうが、facebook経由で自分を知る人がいたことに浮かれたんでしょうね。飲みに行きましょう!なんて軽く言ったもんだから、会って飲みに行くことになりました。

彼と会うのは実に20数年ぶり。facebookの写真では全く小学校の頃のイメージも浮かばず、いやそもそも小学生の頃の彼がどんな顔だったか覚えていないし。しかし、彼の方は、僕の写真を見て昔と変わらないですねだって。


僕は引きこもりだったという負い目、そして彼も人目を避けるような人生を歩んでいるんだということだけをメッセージでやり取りして、あとは会ってからおいおい話そうということになり、昨夜25年ぶりに会いました。

彼の指定した場所は、新今宮。
久しぶりの再会でなくとも、飲むとなれば大阪ならキタかミナミが普通。にもかかわらず、新今宮。
いわゆる、そんなに品のいい街ではなく、酔っ払いのおっちゃんの多い、観光でもなかなか来ない大阪のディープな街です。安酒場の並ぶジャンジャン横丁に彼の行きつけの店があるようです。


会った瞬間から判っていたのですが、店に入って彼の口から話し始めるまで触れなかったことがあります。
というか、彼の人生がどんなものであったかが語らずともわかるくらいでした。



彼の左腕は肩から指先まで鎧のようなプロテクターに覆われてました。

高校生の時のバイク事故で左手の自由を奪われたようです。

その左腕をまるで邪魔な荷物のように抱え、同級生とは思えない老けたその顔、少し引きずり気味に歩くその足、ひきつり気味に笑うその口、何もかもが僕の知っている彼ではありませんでした。


僕の記憶にある小学生の時の彼は、生徒会長でした。どこか社会に反抗的で常に尖っていて僕らガキと違って大人びていました。
中学生の時は違うクラスで少し疎遠になりましたが、それでも彼はみんなの憧れ、一目もニ目も置かれる存在。
尾崎豊的というか…。いつも自由を求めているようなそんな、そんな


そんな彼が今、誰よりも不自由な人生を強いられていました。



自暴自棄になり酒に溺れ、やくざに喧嘩売って追いまわされる羽目になったり、その障害のせいで職も転々とし…。予想通りというか。その姿がそう思わせました。


肩のタトゥにもはや威圧感も輝きもなく…。




ところが彼の話は意外な方向に


やくざな商売をしてるよ。やくざな商売をしてるよ。収入の安定しない仕事や。みたいなことをずっと言ってるから、僕も聞かない方がいいのかと思ってたら、今はWebデザイナーをフリーでやってるって言うんです。

「え?仕事、Webデザイナーなん?」

「知り合いのサイトちょこちょこやるだけやからホンマ金にならんし恥ずかしい話、親に面倒見てもらわなやっていけへんわw」

意外すぎました。おんなじ系統の仕事やん。


「カッチンのプロフィールに大株主になったって書いてるやろ?ぺパボ!俺な、あれ見てテンション上がってメッセージしてしもうてん」

「ぺパボ知ってるの?」

「知ってる!知ってる!ロリポずっと使ってる!お客のサイト作るときにずっとロリポ!」

「マジで?!」

「ブログはJUGEM!ショッピングカート使うときカラーミーショッププロ!創業者のブログも読んだしな」

「嘘やん!僕の知り合いでぺパボの大株主なってんて自慢しても、ぺパボ?何それ?って言われんのに。すげー!」



「俺な、たぶんカッチンよりぺパボ昔から知ってるねん。上場とかよりもっと前、7年か8年。」

「そうなん?」

「おんなじ障害仲間のサイトを作るの頼まれたときになロリポップに問い合わせしてん。ほんならなめっちゃ丁寧に対応してくれてん。」

「へー」

「へー、じゃないって!問い合わせしたん夜中やで!しかも1時間かからずに返事返ってきてんで!そんときに俺この会社絶対伸びるわって思ってん!それからずっとぺパボ使ってきてるわけ。それがやで、そこの株主にカッチンがなってるて見たらテンション上がるやん!小学校ときに一緒に遊んで、秘密基地にエロ本持ち込んで、そんなんしてたカッチンがぺパボに投資してる!一緒やん!おんなじところに価値見出してるやん!」


25年ってなんでしょ?
まるで先週も一緒に飲んでたかのように、普通に5時間も6時間も話してました。



彼は同情されることを何より嫌います。昔からそうでした。
だから今回会う時もそのことを一番危惧してたみたいです。


それでもどうしてもぺパボの話はしたかったんですって。
まさか一切関わらなかった昔の知り合いと「ぺパボ」の話で盛り上がるとは思わなかったです。



「動かない左腕の同情話はうんざりしてんねん。カッチン昔からクールというかそういう同情的なん嫌いやったやん?だから俺、話しやすいと思ってん。現に自分、今日大きい声で笑ってばっかりやしなw」




「facebook、ともだち申請しようか?」と彼が笑いながら言ってきました。


「いや、いいよ。あれ、仕事用に使いたいし、
僕、地元の友達はいらないって決めてここまで生きてきたから」


「はは、カッチンらしいな。いいねぇ、そういうの。今日会って良かった。会って正解やったわw」




僕らの地元に工場のある

サントリーの「山崎」をロックで…


はは、地元に乾杯。



テーマ : 社長ブログ    ジャンル : ビジネス


プロフィール

かちお

Author:かちお
アフィリエイト屋。法人化してます。
上場会社の大株主になりたい!と中学生の時のアホな夢を見続け、
会社四季報に掲載されることを目指して株式投資をしてます。
(おかげさまで2010年春号で達成!)
もと引きこもりでも上場会社の大株主になれたりします。

「株ではなく会社に投資」がモットー。

読書大好きです!特にノンフィクションが好き。ブクログ談話室で色んな人と本の話するのが最近楽しい。薦めてもらった本はすぐ買いに行っちゃいます!
ブクログ本棚のフォロー大歓迎です!!
ブクログ

Twitteもやってます。
@katio_boy

 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。